ファッションイラストから見るスーツドローイング会

スーツドロー イング会2018年4月

<ファッションイラストの視点でスーツを学ぶ>

.
スーツをこよなく愛する砂糖ふくろう氏主催のスーツをジェスチャードローイングで描く会 がボーンデジタル社でおこなわれました。
女性誌や広告に、 購買意欲を促進させる目的で使われるファッションイラストレーシ ョンでは服装はおしゃれでカッコ良く、 服の機能性もしっかり押さえておくことが必要です。
ファッションイラストレーションの役割は、 マネキンが服を着ているような表現より、ドラマチックな演出の中にセンスの良さを光らせる表現が現代的す。
感情表現が伴なった服の着こなしができていれば、 ライバルの写真より採用されるべきイラストレーションとなること でしょう。
.
というかことで、実用性が高く、珍しいこのドローイング会に参加してきました。
スーツをばっちり着こなすモデル「まこ立会人」 さんと講師砂糖さんのコンビネーションの良いかけ合いも楽しく,様々な動き、角度でスーツの七変幻を描いて来ました。
身体の動きに合わせて、立体的に動く布地の変化は、 資料写真などでは掴みにくい思いでしたが、生で見ることではっきりとその変化を見ることができました。
1〜 5分という短いポーズのみでスーツシワを描けるか心配でしたが、 布地の大きな流れが身体に沿う様子をつかめたと思います。
.
,
●自宅にて スーツをぬぐ男
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL